嵐山フィッシングエリア 嵐山フィッシングエリア 嵐山フィッシングエリア 嵐山フィッシングエリア 嵐山フィッシングエリア
嵐山・高雄パークウエイ内
080-2519-7456
melma@arashiyamafa.com
嵐山フィッシングエリア 嵐山フィッシングエリア 嵐山フィッシングエリア 嵐山フィッシングエリア 嵐山フィッシングエリア
スペース
嵐山フィッシングエリア攻略法・ルアー編
スペース

1・ ロッド
出来ましたら専用のトラウトロッドをご用意されることをおすすめします。
嵐山FAの場合、個人差はあるものの長さ的には5.5ft〜7ftまでのロッドがおすすめです。

2・ リール
小型スピニングリールが最適です。ダイワなら1500番か2000番、シマノなら1000番か2000番あたりが最適です。常にハンドルを回し続けるエリアでの釣りは回転が滑らかな物を選びたいですね。

3・ライン
ライントラブルの少ないナイロン製ラインがおすすめです。太さの標準は3lb。
軽めのルアーを使用される方は2.5lb場合によっては2lbをおすすめします。

4・ ルアー
様々なトラウト用ルアーがショップさんに並んでいますが、釣果の安定度、バリエーションの豊富さ、価格面から考えて、まず準備して頂きたいのがスプーンです。エリアが広く、比較的水深のある嵐山FAでは、2〜2.5gまでが標準的なウエイトになります。あと、表層付近用に軽めの0.8〜1.2gクラスがあれば 大丈夫です。
 カラーに関しては、可能な限り多い方が有利ですが、釣果の安定しているカラーとしては、ホワイト、ベージュ、カラシ、ブラウン、ブラック、ゴールド、アカキンなどです。
最低でも明るめの色、地味な色でそれぞれ何色かご準備下さい。

スプーン以外に多用するルアーとしては、エリア用の小型クランク、シャッド、ミノー、
トップなど、5cm〜7cmまでの小型プラグの出番が多いですね。 

* タックルをお持ちでない方もご安心下さい。ロッド、リール、ライン、ルアー(1個)
につきましては1日¥1050−にてレンタルタックルをご用意しております。
また、スタッフ激選ルアーも事務所内にて販売しておりますのでご安心下さい。

5・その他必要なもの
ラインを切断するハサミは必需品です。他、ランディングに必要なイージーリリーサー(小型ラジオペンチでも可)、ランディングネットなどがあれば非常に便利です。

スペース



1・ポイント
魚を釣る上で一番重要なのは釣るポイントです。初めての方やポイントに不安があるときはまずスタッフにポイントをお尋ね下さい。

2・キャスト
タックルも準備したし、ポイントも聞いたし、いよいよ釣り開始。釣り場が混んでいる時は両隣の人に挨拶をしてからポイントに入って下さい。ルアーを結んでいよいよキャスト。エリアが広く、まずはスプーンからのスプーンがおすすめです。後方の安全確認をしてルアーをキャスト!ちゃんと飛びましたか?

3・リトリーブ
スプーンの場合、基本的にはただ巻きが一番釣れます。重要なのは引いてくる水深と巻いてくるスピード。あくまでも基本ですが、朝、夕、放流直後など、マスたちの活性が高そうな時は表層付近を比較的早めのスピードで、天気の良い日中など活性が低そうなときはボトム付近をゆっくり狙ってみて下さい。マスのバイトが無ければ、マメに引いてくる水深、スピード、そしてルアーの交換を繁盛に行なって下さい。

4・フッキング
 活性が高いときはリトリーブ中に「ガツン」と明確なバイトがありますが、活性の低いときは「コツン」と小さいバイトも少なくありません。「ガツン」「コツン」の時もフックをマスに掛けるにはフッキングが大切。ロッドを上に上げる(掛けアワセ)ハンドルを勢いよく巻く(巻きアワセ)どちらでも結構ですのでしっかりアワセを入れましょう。

6・ ランディング
フッキングに成功したらマスとの二人だけの時間。元気なマスの引きを楽しんで下さい。遊んでくれたマスは大切にリリースしましょう(もちろん持ち帰って頂いても結構です)水面から魚を出さずにフックの部分を持ってリリースしてあげて下さい。
フックはあらかじめバーブレスにしておき、イージーリリーサーなどを使うとスムーズにリリースできますよ。

大物がヒットしたときは無理せず、ランディングネットを使用しましょう!!


スペース

 

 

レインボウトラウト

スペース
お問い合わせ アクセス ローカルルール 営業のご案内 プライバシーについて リンク
スペース
Copyright (C) Coachman All rights reserved.
スペース